オリジナルの気持ちいいオナホール “桃色カントリオ”

2014年12月01日

桃色カントリオ

キッカケはとあるマレーシア人のお金持ちが持ち込んだ企画。 「自分の考えたオリジナルのオナホをつくってほしい」と連絡してきたその変態富豪はすでにオナホの設計書も用意。 対応しているうちに、潤沢な予算と本人が採算性をほとんど考えていないせいもあって、あれよあれよという間に本格的な量産体制のハナシまで進んでしまったのです。 3種類のバリエーションはどれも理解しがたい珍妙な造型。 富豪本人のイメージする好きな女性のタイプでデザインしたらしいのですがツッコミどころが多すぎてよくわかりません(笑) このサイズと品質を考えれば価格的にも文句なく、自分の考えたオナホが日本市場で販売されることに、発案&依頼主である変態大富豪氏もかなりご満悦のよう。

■ゆるふわ系
ひらひらとしたスカートのような着衣型。甘めのお嬢様系がイメージ。
有機的なイボと緩やかにワインディングする穴との組み合わせ。
2重構造の粘膜感も素晴らしい。


■ヤリマン系
タテに伸びたヒダが特長。
柔軟性と伸縮性に優れ、モチモチとした心地いい素材感です。
タテヒダ、イボ突起、奥の大ヒダとバラエティ豊かな構成。
総合的なバランスに優れています。


■ぽっちゃり系
お腹ぽっこりの妊婦体型にビラビラの肥大したヴァギナ。
ふっくらした女性の造型は好きな人にはタマラナイ興奮要素。
高ヒダにより快感刺激は強め。
生物のようにうねる膣道がエロティックです。
繊細なイボの擦り刺激は、まったり派にマッチします。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 

関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示