高級ラブドール用の名器(アソコ)をお手頃価格で味わえる! “膣ヒダ波打つ! 宝石の妖精”

2016年09月02日
膣ヒダ波打つ! 宝石の妖精

リリース直後からオナホ愛好家たちの間で話題となり、しばらくメーカー欠品が続いた幻の妖精さん。 メーカーは高級ラブドール専用のオナホを独自開発していて、その中でも人気のモデルをハンディタイプにアレンジ。

外観はシンプルな筒型ですが、内部構造がカサの高い波ヒダで、タテ・ヨコ複合のうねるようなテクスチャーがすみずみまで張り巡らされています。 一見、カップ麺オナニーで準備する“汁なし&ふやけ麺”によく似ています(笑) 素材は最初から硬度違いのバリエーションが2タイプ用意され、「ソフト」と「ハード」の硬度差はかなり明確です。

狭いストレート穴に進入すると肉厚ボディがムチッとした圧力を発揮し、ペニスと波ヒダがピチッと密着します。 「ソフト」でもすごい吸い付きですが、「ハード」になるとさらに締め付けがアップ。 波ヒダは、一般的な縦ヒダよりも存在感がずっと強く、ひと度ペニスを捉えると執拗に弱い部分をネットリ撫で上げる、素晴らしい出来栄え。 ここに横ヒダの強い摩擦がアクセントに加わることで、「ソフト」の場合はジワジワと射精感が高まり、素材との一体感を楽しみながら、ゆっくりと自分の意思でフィニッシュへと進めます。 「ハード」はまったく同じ内部構造ながら、ヒダひとつひとつの形状がクッキリとペニスに伝わるため、快感特性もちょい濃いめ。 全体的に力強く弾ける摩擦感に加え、キツめの締まりも手伝って、まるでヴァージン女性に無理やり腰を振っているような感覚でした。

パッケージにオナホを固定して腰振り仕様にするギミックもありますが、これは好みがわかれると思います。 パケ絵にハァハァできる方なら利用価値は高いと思います。いらない方は普通に使いましょう。


■ソフト、ハードの2タイプ展開。


■サイズ。


■ピンクが「ソフト」で、ホワイトが「ハード」。造型はどちらも同じです。


■2タイプの素材硬度にはハッキリとした差を付けておりこれだけ違いが。


■波打つ膣内の縦横ヒダは「ソフト」でも十分な存在感があり「ハード」だと終始コリコリした摩擦抵抗が続きます。


■縦横に並んだ波ヒダから発生する新鮮な刺激はかなりの射精力!


■オナホ固定手順1
パッケージ内の台座を取り出し、脚を折ってから向きを反対にして、再び箱内に差し込みます。


■オナホ固定手順2
挿入口をミシン目に沿って円形に切り取り、オナホを付属のビニールに入れた状態でセット。


■オナホ固定手順3
フタをしたらパケ絵の好きな面とオナホ位置を合わせて完成。
好きなだけ腰振りしましょう♪



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(0)
 | HOME |