Wi-Fiカメラ搭載のローターで神秘の穴が丸見え!男たちの見たい願望を叶える最終兵器! “Siime Eye”

2015年04月09日
Siime Eye(シーミーアイ)

男たちは「女性のアソコが見たい!」という、ある意味“原始的・本能的な欲求”を抱きつづけています。 その欲望はときに「クスコ」という医療用具に走らせ、ときに「姫万華鏡」という透明な筒をロングセラー化し、やがて鏡とLEDライトで潜望鏡のように覗くスコープや、CCDカメラの映像をアナログでテレビモニタに映すバイブにまで発展。 男たちのDNAに刻まれた「おま○こが見たい!」という純粋な思いは、つねにアダルトグッズの技術革新を後押ししてきました。 そして…この“聖なる欲望”はついにデジタル化の波に乗り、とうとう本作によって各種スマホと連動するまでに至りました。 改めてエロパワーってスゴイです(笑)

そんな画期的なカメラ付きバイブである本作。 有線のUSBカメラだった前作からワイヤレスのモバイル連携カメラへと進化し、その実用性も飛躍的に向上しています。 連携する専用アプリはiOS、Androidのどちらにも対応し、それぞれ無料でダウンロードできます。 カメラとスマホはWi-Fi接続で、パソコンを含めた複数台との同時連携も可能。 なので、一台のカメラが映したアソコの映像を、各自手持ちのスマホやパソコンでライブに閲覧・共有などもできます。

前作もそうでしたが、本作もカメラとしての性能はバッチリ。 レンズが超接写仕様なので、女性器の撮影・観察にはこれ以上ないほど適したマストアイテムです。 シンプルに「アソコが見たい!」という世界共通のオス的願望を叶えてくれるのはもちろん、もっと詳細に膣内を観察したいフェチやマニアたちのニーズにもシッカリと対応してくれます。

ローターとしての性能も折り紙付き。 医療グレードの高品質シリコンで覆われたボディは、流水でも洗える生活防水仕様で、バイブレーション機能も多彩かつ静音。 扱いやすいUSB充電式なのも魅力。

普段見ることのできない“神秘の穴”を観察・撮影して、存分に堪能してください!


■中身は本体とUSB充電ケーブル、収納ポーチ、取扱説明書などです。
この細いボディに、カメラ、Wi-Fi、ローター機能を詰め込んでいるんですからスゴイ技術ですね。


■振動するのはこの細い部分。
6種類のモードがあり、どれもパワフルなのに音が静か。
ローターとしても優秀です。


■操作スイッチはボディ側面。
カメラ起動時は自動的に先端のLEDライトが点灯します。
背面ボタンは残量確認用。


■USB充電式。2時間のフル充電で連続稼働は最大2.5時間。


■LEDライト搭載で暗いエリアもバッチリ撮影できます。


■専用アプリはiOS版がApp Store、Android版はSVAKOM公式サイトからダウンロードできます。


■連携イメージはこんな感じ。
もちろん、スマホ側でスチール撮影、動画撮影も自在。接写撮影はかなり得意!
防水仕様だからぐちょ濡れの膣内に突っ込んでも安心です。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
ローター・電マ | Comments(0)
 | HOME |