手軽に腰振りオナニーが楽しめる2穴式オナホ。腸骨筋パーツが実現した締まり! “ぷにぷりっち ちつあなる”

2015年08月31日
ぷにぷりっち ちつあなる

乳姦(ちちかん)」や「ロングスライド」など、一風変わったオナホを輩出するA-Oneから、ついに据え置き型オナホールが登場。 2012年の「ぷにあなDX」を皮切りに、オナホ業界には据え置きブームが到来。 各オナホメーカーはこぞって大型モデルを投入しはじめ「ぐちょ濡れ名器 極~KIWAMI~」や「夢生腰」、「ぷにっと!しすたーず」、 「艶めき生腰」など、さまざまな大型・据え置きモデルが生まれました。 「艶めき生腰」は“骨盤入り”という驚きのコンセプトとリアルな快感性能がウケ、今も生産が間に合わないほどのイキオイで売れています。 その後は複数素材を組み合わせた「オンナノコの解体新書」、トルソーボディに骨格フレームを内蔵した「ぷにあなSPDX」が登場。 昨今の据え置きタイプはただ大きいだけではなく、+αの工夫を凝らして付加価値を高めるのがトレンドとなっています。

そんな中、大型ブームの最盛期にも静観をきめていたA-Oneが満を持して発表したのが本作。
“腸骨筋”という股関節の筋肉を再現し、本物以上の締め付けと快感性能を生み出した自信作。 約3.5kgという重量は“ぷにあな以上、生腰未満”という絶妙なすき間サイズ。 大きさのわりに価格も手頃で、これから据え置きタイプで腰振りオナニーデビューを企んでいるユーザーにとっては、かなり有力な候補になり得ると思います。

素材はややオイリーで油っぽいニオイも多少感じますが、どちらも洗ってパウダー等でメンテすれば気にならなくなるレベルです。 モチモチ素材は柔らかく伸びますが、意外とハリがあって若々しい弾力感が魅力。 2穴式ながらどちらも単素材で、穴はシンプルなストレート。内部構造はかなりベーシックな部類に入ります。 膣壁加工は上部だけ波状になったV溝と、底面のイボを組み合わせた独特なテクスチャー。 シンプルな見た目とは裏腹に凹凸の緩急が利いていて、予想よりも快感値はずっと高め。 腰振りでピストンすれば構造からは想像もできない複雑な快感を生み、「極上生腰」などのリアル系とはまた違った高揚感を覚えます。 さらに腰を止めている間もジワジワと快感が蓄積されていくのは、弾力のある素材と腸骨筋パーツによる形状安定性のおかげでしょう。 アナル側は縦ヒダがメイン。 後半の一部だけピョコッと波打っており、ここが横ヒダのようなアクセントとして作用します。 締め付けや快感特性は王道に近く、射精力もライバルに引けを取っていません。

ボディサイズ・快感性能・価格のバランスもなかなか良好で、据え置きタイプが初めての方にも安心してオススメできるオナホです。





■イマドキっぽい絵師さんを起用し、可愛く仕上げたパッケージ。
120mlの大容量ローションが付属するのもナイスです!


■箱の内側にもグッとくるイラストがあり、大事なところにはシールが…。
ここを剥がせるのは購入者だけの特権。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(0)
 | HOME |