魅惑の腰振り床オナニーワールドを体験しましょう! “床オナ式名器 -A.F.Revolution-”

2016年10月24日
床オナ式名器 -A.F.Revolution-

開発者の偏った性癖が垣間見える超個性派オナホ「床オナ式名器シリーズ」の第3弾。 1作目はそれこそマニア専用という印象でしたが、2作目の「床オナ式名器 -種付けプレス-」になると、据え置きの腰振りオナニー専用モデルとして一般ユーザーにも受け入れられ大ヒット。 3作目となる本作は腰振り専用の安定した低重心設計を継承しつつ、予想の斜め上をいくアナルファック仕様に変更されました。

ボディ造型は超モリマン仕様。卑猥さよりも好奇心が先立ち、大きな土手をくぱってみると、内側には赤い粘膜とデコボコしたヒダがあるだけで、肝心の穴はなし…。 本作のヴァギナは挿入する穴ではなく、素股のようにペニスを擦り付けるための“マンズリスポット”として機能するのです。 素材感も前作とはちょっと変わりました。ニオイ・ベタ付きともにやや強かった前作に比べ、本作の快適性は2レベルくらいアップ。 硬度バランスも全体重を掛ける床オナ式としてはちょうどよく、ボディプレスしても程よい弾性で跳ね返ってきます。

種付けプレスの内部構造が4連ヒダだったのに対し、本作はその倍以上の9連ヒダです。 カサ高で粗いヒダの摩擦感が素晴らしく、ヒダを通過するたびにクポン、クポンと吸い付いては離れる刺激が連続します。 また、オナホにのしかかった状態で、さらに腰を落としてペニスを擦り付けると、圧迫感とともにジワジワとした快感が高まります。 瞬発力こそないものの、この圧迫刺激こそ床オナ特有の気持ちよさ。 危ないオナニースタイルながら、やはりこの独特の快感を覚えてしまうと、なかなか抜け出せなくなるのも理解できる気がしました…。

気になる素股用のヴァギナに関しては、やはり挿入できないぶん、射精に至れるほどの刺激はありませんが、内部は有機的な膣壁で、イボ・ヒダ加工による複合刺激は優秀。 萎えたペニスでも体重による圧迫を加えながら擦り付ければ、ギンギンに勃起できるだけの快感性能があり、圧迫素股とアナル挿入を交互にくり返す長時間プレイをつづければ、持久力も養えるかもしれません。


■サイズ。



■もちろん底部は非貫通。
素材感はモチッと程よい弾力感の2重構造ボディ。


■100kg近い成人男性がのしかかっても崩れない潰れない抜群の安定感。
硬い床やベッド上など、使用する床によって圧迫刺激も変化するので、上手く使い分けましょう。


■背面ポンプ。
ここを押すと内部の空気が抜けてバキュームが生まれ、ローション馴染みや洗浄後の排水にも役立ちます。


■ネットリ絡み付く赤い粘膜素材が艶めかしいです。
アナルは巨大なヒダが連続し終始ド派手に擦り上げます。


■体重を掛けグリグリ擦り付けるように楽しむ“マンズリスポット”は想像以上の快感です。


■ほかの据え置きタイプ同様、挿入角度や体重の掛け方で多彩に変化する特性です。


■非常に腰振りしやすい設計です。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(2)

グラマー体型と超リアルな膣内!低予算で楽しめる優良ダッチワイフ(ラブドール) “肉体関係”

2016年10月09日
肉体関係

マジックアイズ史上、最大サイズのトルソー型オナホール。
7.5kg超えのボディは「ぼでぃ~ぷにゅぷにゅ」に近く、トルソー型最大級を誇る「ガールフレンド」と比べると、かなり小柄にも見えますが、そのぶん扱いやすそうな印象。

ボディはメリハリの効いた超グラマー体型。
ゴム毬のような巨乳に極細ウエスト、ガッシリ肉厚なヒップというフォルムは、まるで峰不二子やボア・ハンコックなど、マンガやアニメに出てくるセクシーキャラのよう。 素材はコシと弾力が強く、おっぱいの揉み心地も二重丸。 ウレタン内蔵ですがカッチリした芯の硬さは感じられず、ごく自然に背筋が伸びた状態を維持しています。

性器部分はヴァギナ・アナルとも単素材。
ヴァギナ側は緩やかなワインディング穴で、アナルは縦ヒダ中心のストレート構造です。 どちらも深さはヘソ辺りまでしかなく、グッと腰を押しつければ奥まで簡単に到達可能。リアル女性と同じです。

大小のイボやヒダが連続的に並ぶ複合型テクスチャーの膣内へと進入すると、キュッと入り口を締められます。 上半身に比べると膣壁はかなり柔らかな感触で、挿入時の快感刺激もわりとマイルド。 ところが、膣道自体が上下にうねっているため、ピストン角度で刺激は多彩に変化します。 カリを削られるようなヒダの摩擦感や、大きなイボがグリッと裏スジを捉えた時の感触など飽きずに楽しめるのもグッド。 アナル側の刺激は、全体的にはジワジワ射精感を高める超リアル寄りの快感特性。一体感を楽しみながら味わいましょう。

類似サイズのトルソー型は「ガールフレンド」、「はるかのおねだりボディ」、「ミラクルエンジェルボディ あや」、「ミラクルエンジェルボディ まお」、「ぼでぃ~ぷにゅぷにゅ」などもありますので、好みや予算に合わせてそちらもご覧ください。


■実用性も考慮し下半身がかなり肉厚。


■柔らか人肌素材の突き出た巨乳に挟まれれば、極上のパイズリも可能!


■ヴァギナは着色加工。内部はかなりリアルで、締まり・膣圧も抜群です。まさに名器!


■挿入イメージ。
最奥を突きやすい設計が素晴らしい!


■プレイイメージ。
扱いやすくて腰振りの安定感も◎
ウレタン内臓でボディがヘタらないため騎乗位もラクラクこなします。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(0)

快感に溺れてしまう彼女の名器すぎるヴァギナ “VDD(ヴァギナ・ディープ・ダイバー)”

2016年08月11日
VDD(ヴァギナ・ディープ・ダイバー)


RIDE JAPANの超絶ヒット作「CQロール」とよく似た形状を持つ、据え置きプレイ対応のオナホール。 これまでRIDE JAPANは単素材モデルばかりでしたが、ついに2重構造デビュー。 ボディはアウター・インナーともに、「ベビータッチ」という新素材を採用。 わずかなオイル臭・ベタ付きはあるものの、相変わらず素材クオリティはトップクラス。

内部構造は無次元系のワインディング穴。 イボ・ヒダが有機的に混ざり合った赤黒いテクスチャーは本物のようにリアル。 ボリューミーな本体を両手で掴んで挿入すると、入口すぐの大イボがグリッとお出迎え。 すぐさまキュッと狭まった膣道に差し掛かると、まさにスラロームのごとく穴の形状に合わせてペニスが上下に揺さぶられます。 そのまま這い進むと今度は終盤の子宮口(ポルチオ)に到着。 チュポッと侵入する感触とともに亀頭が飲み込まれるとようやく最奥壁に到達。

ボディサイズと2重構造のたまものか、挿入角度や力の加え方が刺激に影響しやすく、つねに一定ではない予測しにくい快感特性です。 ゆっくり腰をグラインドさせながら内部を探索すると、大きなイボがチュルンと裏スジを弾く動きや、細かいヒダが敏感なカリを撫でる感触など、さまざまな快感刺激が目まぐるしく変化しながら、襲いかかってきます。 ボリューミーな肉壁によって締め付けも強く、摩擦係数はつねに高め。 ゆえに射精力もハイレベルで、ストローク中は複雑な隆起がペニスの敏感ポイントを執拗に責めてくるため、油断しているとすぐに果ててしまいそうでした。


■パッケージもかなりエロいです。


■硬度、ハリと柔軟性のバランスが素晴らしい!
テーブル置きでの腰振りプレイも快適です。


■赤黒い粘膜素材がエロすぎます。


■極上の穴を這うように進むと、次は子宮口(ポルチオ)が待ち受けます。


>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(0)

本物より気持ちいいかも!リアルすぎる抱き心地の大型オナホ! “ぼでぃ~ぷにゅぷにゅ”

2016年03月10日
ぼでぃ~ぷにゅぷにゅ

トルソー型最大クラスともいえる、約8kgの据え置きオナホがデビューしました!
やはり大きくなれば使用時の臨場感やリアリティが増すのは必至。
今のところ、そんなリアル系の頂点に立っているのが「ガールフレンド」。 本作は「ガールフレンド」のハーフサイズにあたる、8kg級の単素材&骨格内蔵タイプ。 半分というと物足りない気もしますが、これでもオナホ市場的にはかなりのビッグサイズです。

この大きさでも疑似セックス感は十分堪能できますし、ブルンと弾けるようなおっぱいが目の前にくるトルソー型ならではの迫力は、リアリティを感じながら無我夢中で腰を振るのに最適。 下半身の硬度はぷにゅっと適度に柔らかいものの、上半身は骨格入りのためピシッと自立してくれて、大型特有の扱いづらさはありません。 内部構造もイボ・ヒダ混合の王道的なつくりで2穴式。

快感特性は比較的ゆったりとした味付けで、ヒダもイボも優しくペニスを撫でる感触です。 穴の形状も全体に緩やかなため、総じて刺激はあまり強くなく、リアルな膣の挿入感・摩擦感に近いといえるでしょう。 このスタンダードでクセのない快感特性が腰振りプレイとマッチ! ゆるまんの肉ヒダでストロークするごとに少しずつ射精感が高まる感触は、安定して腰をガンガン振れるこの大きくて頑丈なボディがあってこそ実現するメリットだと思います。 大型ボディの上半身にカッチリとした芯を持たせたのが効いていて、プレイ中の体位変更から使用後の洗浄作業に至るまで、取り回しがめちゃくちゃ快適。 「毎日でも抱きたくなる」絶妙バランスのオナホです。


■サイズ
バランスの取れたメリハリボディ。8kgクラスでこの価格に抑えるのはさすが!


■挿入口の造型はシンプルなすじまん系。
ヴァギナは2段階くぱぁ。ローション溜まりとしても機能し使い心地は快適。


■豊満なバストはパイズリも可能。揉み心地も素晴らしい!


■2穴式


■骨格パーツのおかげで騎乗位もラクラク。
程よい重量感で取り回しやすく、ガンガン腰を振れるのが最高!


■断面図
ヒダを中心にイボが分散するように配置された内部構造。
リアルな膣の感触に近いです。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(0)

人気「ぷにあな」の新作!トロける柔肉に包まれる快感に腰砕け… “ぷにあなDX ふわとろ”

2016年02月24日
ぷにあなDX ふわとろ

据え置きオナホのパイオニア、アウトビジョンの「ぷにあなDX」。 硬質素材の「ぷにあなDX はーどエディション」も登場し、選択肢が増えたことで、シリーズとしての魅力を強化させました。

今回、新たなバリーエーションとして加わったのは、造型や内部構造はそのままに、素材だけを柔らか~く仕上げた、ふわとろバージョン。 本作の追加で初代のスタンダードを中心に、「硬め」と「柔らかめ」の3タイプから選べるようになり、より幅広い嗜好のユーザーを満足させる懐の深さをも実現。

実際どれだけソフトになったのか?
かりに初代「ぷにあなDX」の硬度レベルを5、はーどエディションの硬度レベルを7とするなら、硬度レベル2という感じ。 初代とハードの差は少ないですが、本作と初代の硬度差はけっこうハッキリしています。

快感性能はハッキリいって過去2作とはまるで別モノ。 ゴリッと粗めだった大味さがなくなり、まるで雲かメレンゲのような肉の中を掻き分けて進む快感へと変化。



■サイズ
置いておくと自重で潰れてくるほど柔らかで、つきたてのお餅ようにむにょ~っと伸びる柔軟素材。据え置きタイプでこの硬度は稀少。


■素材が柔らかくなったことで、スルッと挿入しやすくなりました。


■柔肉を掻き分ける感触。
上下にうねった穴を掻き分ける感触はシリーズ随一の快感性能です。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(0)

気持ちいい床オナスタイルで至極の腰振りタイムを… “ヴァージンラブ 艶腰名器”

2016年01月25日
ヴァージンラブ 艶腰名器

「ヴァージンラブシリーズ」の最新作。
前作の据え置きモデル「ヴァージンラブ 腰振名器」は、評価自体は高かったものの、発売当初から今なお欠品状態がつづき、せっかくの需要にまったく応えられていない幻の名品。 今作は4.5kgサイズのバック専用という、ちょっと珍しいタイプです。

本作は数少ない“うつ伏せタイプ”で、造型的にはバックスタイルながらボディにあまり高さがなく、床置きして上から覆い被さったときの使用スタイルは、完全に床オナです。 同じような床オナ系の既存モデルといえば、「床オナ式名器 -種付けプレス-」や「純潔 プレミア」などが挙げられますが、どちらも1~2kg級と据え置きオナホにしてはやや小さめ。 本作のような重量感と造型・使用スタイルを併せ持つモデルはありそうでなかったため、需要を上手く拾ってくれそうです。

本物志向の扇情的なデザインは、お尻派にとってなかなか魅力的。 2重構造の内壁には、細かく浅い突起とヒダが不規則につづきます。 「品格・証明シリーズ」にも似た、膣壁全体でジワジワと責めてくるような感触が素晴らしく、締め付けはゆるやかながら射精力は優秀。


■サイズ


■大きさのわりに素材は柔らかめで、無次元系の穴と素材硬度の相性がとてもよく、品格シリーズにも似た極上の快感特性を実現。 非貫通式のためバキューム性能も高いです。


■前後穴とも2重構造で、粘膜素材のカラーと質感がわずかに異なります。


■挿入イメージ。


■お尻が肉厚でクッション性は抜群!


■柔らか素材とゆるやかな肉壁が織りなす、クセのない気持ちよさが秀逸。掻き分ける快感もたっぷり味わえます。


■ベッドで腰振りプレイをするとこんな感じです。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(0)

神オナホ「生腰」級の快感で値段もお手頃の新神オナホール! “日暮里版 真性リアル・ザ・素股”

2016年01月19日
日暮里版 真性リアル・ザ・素股

名器の品格・証明シリーズや極上生腰シリーズで有名な老舗メーカーが「日暮里版 真性 極上生腰」の流れを組む、超本気モードの据え置きオナホを発表しました! 元祖・無次元加工である「名器の品格・上付き」や、その後につづく「名器の証明シリーズ」など、数々の神オナホを作ってきたオナホールのプロ集団だからこそできる、売れどころを捉えた、リアルで完成度の高い贅沢ボディです。

卑猥さ満点のパッケージを開けると、約3kg弱の小振りなケツが現れます。
リアルを追求した股間→素のままの股→素股というコンセプト通り、本作は成人女性ならではの局部の黒ずみを再現しているのが特長。 これだけでもエロスとリアリティは20%くらい増している印象。

穴は2つとも艶めかしい粘膜がぬらぬら光る2重構造。
内壁はイボ・ヒダ混合の有機的なテクスチャーで、これまで培ってきた“名器の要素”は、ほとんど反映されています。 据え置きオナホとしてはやや小さく、サイズ感は「ぷにあなDX」に近い印象です。 思いっきり体重を掛けたプレイには向いていませんが、どんな体勢でも取り回しやすくてメンテナンスも楽ちん。 腰振りオナニーの醍醐味を実感できる、最低ギリギリの大きさだと思います。

ヴァギナに挿入すると、無数のイボがネットリと絡みつき、適度な肉感によって包み込むように圧迫してきます。 内壁全体でジワジワと搾り取られる気持ちよさは名器系独特のモノ。 派手でクッキリとした高刺激系と違い、リアル寄りの上質な快感特性です。 アナルの射精力も高いです。

この重量と品質からは考えられないくらいお値打ちな価格設定も驚きで、「極上生腰」に興味がありながらも、高くて手が出せなかった方や、つねに欠品中で諦めてしまった方など、迷わずオススメ致します。



■サイズ
綺麗なパイパンとこの黒ずみ…かなりの破壊力ですね。


■適度な反発力と柔軟性のバランスが素晴らしい素材硬度。


■黒ずみ効果で陰部のリアリティはトップクラス。
くぱぁすると赤黒い粘膜が出現し、さらに卑猥なビジュアルに…。


■挿入イメージ



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(0)

手軽に腰振りオナニーが楽しめる2穴式オナホ。腸骨筋パーツが実現した締まり! “ぷにぷりっち ちつあなる”

2015年08月31日
ぷにぷりっち ちつあなる

乳姦(ちちかん)」や「ロングスライド」など、一風変わったオナホを輩出するA-Oneから、ついに据え置き型オナホールが登場。 2012年の「ぷにあなDX」を皮切りに、オナホ業界には据え置きブームが到来。 各オナホメーカーはこぞって大型モデルを投入しはじめ「ぐちょ濡れ名器 極~KIWAMI~」や「夢生腰」、「ぷにっと!しすたーず」、 「艶めき生腰」など、さまざまな大型・据え置きモデルが生まれました。 「艶めき生腰」は“骨盤入り”という驚きのコンセプトとリアルな快感性能がウケ、今も生産が間に合わないほどのイキオイで売れています。 その後は複数素材を組み合わせた「オンナノコの解体新書」、トルソーボディに骨格フレームを内蔵した「ぷにあなSPDX」が登場。 昨今の据え置きタイプはただ大きいだけではなく、+αの工夫を凝らして付加価値を高めるのがトレンドとなっています。

そんな中、大型ブームの最盛期にも静観をきめていたA-Oneが満を持して発表したのが本作。
“腸骨筋”という股関節の筋肉を再現し、本物以上の締め付けと快感性能を生み出した自信作。 約3.5kgという重量は“ぷにあな以上、生腰未満”という絶妙なすき間サイズ。 大きさのわりに価格も手頃で、これから据え置きタイプで腰振りオナニーデビューを企んでいるユーザーにとっては、かなり有力な候補になり得ると思います。

素材はややオイリーで油っぽいニオイも多少感じますが、どちらも洗ってパウダー等でメンテすれば気にならなくなるレベルです。 モチモチ素材は柔らかく伸びますが、意外とハリがあって若々しい弾力感が魅力。 2穴式ながらどちらも単素材で、穴はシンプルなストレート。内部構造はかなりベーシックな部類に入ります。 膣壁加工は上部だけ波状になったV溝と、底面のイボを組み合わせた独特なテクスチャー。 シンプルな見た目とは裏腹に凹凸の緩急が利いていて、予想よりも快感値はずっと高め。 腰振りでピストンすれば構造からは想像もできない複雑な快感を生み、「極上生腰」などのリアル系とはまた違った高揚感を覚えます。 さらに腰を止めている間もジワジワと快感が蓄積されていくのは、弾力のある素材と腸骨筋パーツによる形状安定性のおかげでしょう。 アナル側は縦ヒダがメイン。 後半の一部だけピョコッと波打っており、ここが横ヒダのようなアクセントとして作用します。 締め付けや快感特性は王道に近く、射精力もライバルに引けを取っていません。

ボディサイズ・快感性能・価格のバランスもなかなか良好で、据え置きタイプが初めての方にも安心してオススメできるオナホです。





■イマドキっぽい絵師さんを起用し、可愛く仕上げたパッケージ。
120mlの大容量ローションが付属するのもナイスです!


■箱の内側にもグッとくるイラストがあり、大事なところにはシールが…。
ここを剥がせるのは購入者だけの特権。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(0)
 | HOME | Next »