エッチなギャルの極上すぎる名器、肉壁を完全再現! “名器の再現! まるごとAIKA”

2017年02月14日
名器の再現! まるごとAIKA

無次元加工という独自の内部構造を確立し、オナホ業界にレボリューションを起こした 「名器の品格・上付き」。 今や「品格・証明シリーズ」は10作目を更新。 それ以外にも「発情美人 若妻の肉襞 森ななこ」や「葵つかさの局部精密レプリカ」など、最近では正規シリーズとは異なる派生モデルも数多くリリースされています。 そんな中、正規シリーズ第4弾にあたる「淫熟名器物語」のモデルだった大塚咲が、AV女優引退後にカメラマンとしてカムバック。 ギャル系女優一番人気のAIKAとコラボし、これまた最高にセクシーなオナホを完成させました。

600g級の肉厚ボディは2重構造。インナーがプリッとした弾力のある硬さで、アウターはモチッと心地よく肌に吸い付くような感触です。 いわゆる“品格系素材”といわれる素晴らしいバランスながら、既存モデルと違って油っぽさも抑えられており、非常に上質な印象を受けました。 内部はストレート穴の上下に派手な隆起が連続している感じ。卑猥すぎる挿入口やパッケージに並ぶ複雑かつ有機的なギミックは、見ているだけでも十分な興奮を誘います。

実際に挿入すると、上下の起伏などを捉えつつも、柔らかな素材を掻き分けるようにしてスムーズに奥まで到達。 「締め付け」と呼べるほどのキツさはありませんが、たっぷり肉厚なボディのおかげで、包み込まれるような心地よい圧迫感を楽しめます。 各所に施された吸盤状の突起やカサ高のヒダ加工は、小粒ながらもコリコリとした弾力があり、どれもこれも存在感抜群! とくに最奥の極狭な子宮口は、ぷちゅん!とした侵入感も得られてかなり刺激的です。 複数のイボやヒダがペニスをプリンと弾き、ゾゾッと撫で上げ、さらにはときどき細かい粒々も敏感ポイントを責めてきて、快感バリエーションはとても多彩。 高刺激というほど過激でもありませんが射精力は十分高く、質のいい刺激が安定して楽しめる、ハイスタンダードな性能です。


■愛液ローションも付属します。


■たっぷり肉厚で挿入時の圧迫感は十分。


■非貫通式で挿入口のディテールはかなり卑猥。
モッチリ柔軟に伸縮しますが、適度なハリもあってバランスは絶妙。


■ピンクの内壁がイヤらしい。
ヒダや吸盤突起など、ギミックも複雑です。


■上下から隆起するヒダが掻き分け感を生み出します。
最奥の狭い子宮口に突入する感覚もグッド!超気持ちいいです。


■彼女のAVを見ながら使うとリアル度120%!
中出し作品を見て、最後は一緒に中出ししましょう!
彼女の作品一覧はこちらから



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(0)

10作目は3重構造&2穴式で締め付ける過激なマ〇コ変貌! “名器の証明010 沖田杏梨”

2016年02月27日
名器の証明010 沖田杏梨

前作「名器の証明009 水咲ローラ」の発売から、かなり久しぶりに登場した「品格・証明シリーズ」最新作です。 久しぶりとはいっても、前作以降も他社とのコラボで似たようなオナホを多数つくっていて、そのひとつが「アリス極上名器シリーズ001 葵つかさの局部精密レプリカ 最終連続絶頂アクメ」。 こちらは正式な「品格・証明シリーズ」とは違うものの、その仕様・コンセプトから快感性能に至るまで、限りなく正規シリーズに近いオナホとして話題となりました。

お馴染みのモチーフAV女優には、爆乳美女の沖田杏梨(おきたあんり)ちゃんを起用。 恒例の淫臭ローション&防水ポスターも付属し、内外ともにクオリティは秀逸。 相変わらず“五感で堪能できるオナホール”として、とても魅力的に仕上がっています。

ボディは単素材で味気なかった前作からガラリと変わり、なんとシリーズ初の3重構造を採用。 トロけるような品格素材の長所を活かしながらも、内部に硬め素材を配することで射精力を大幅に強化しています。 さらに本作は、大型でシリーズ内でも特異な存在だった「名器の証明002 吉崎直緒」以来の2穴仕様。 600g級のボディに3重構造のヴァギナと2重構造のアナルを備えた、かなり贅沢なモデルです。

挿入してみるとやはり3重構造の恩恵が強く、全体的にかなりクッキリとした刺激です。 穴の構造もストレートに近い無次元系で、掻き分ける快感よりは内壁のテクスチャーによる擦り刺激が目立ちます。 素材硬度もやや硬めのセッティングゆえ、従来シリーズ特有の「よくワカンナイけど気持ちいい~!」という漠然とした快感の波とは違い、構造ひとつひとつの存在がハッキリ伝わってくるのが特長。 なかでも、武者返しのように奥に向いて切り立った突起が、ストロークするたびにカリを弾くのは、アクセントとしてかなり強烈!



■本体は保存に便利なチャック付きビニール袋入り。
両面印刷の美麗ポスターと60mlサイズの淫臭ローションも付属します。
付属ローションは糸引きがハンパなく香りも含めて卑猥さは抜群。


■サイズ


■一風変わったデザインの挿入口を備えた非貫通ボディ。
柔軟に伸びる素材特性は相変わらずですが、インナー素材の影響でちょっとハリが強めに出ています。


■赤黒さが卑猥な3重構造のヴァギナに対しアナルは可愛いピンク色。
どちらもネットリ絡む、粘膜質な感触。
有機的な内壁加工や、突起&ヒダの擦れる感触は絶妙!
射精力はかなり高めの設定です。


■沖田杏梨(おきたあんり)ちゃん。
1986年10月28日生まれ、英国バーミンガム出身。
AVデビューした際、その極上ボディに1億円もの保険金が掛けられ話題になりました。
スリーサイズ:B105、W59、H94cm。
彼女のAVを見ながら使うと興奮度が更に高まります。
沖田杏梨の作品一覧



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(0)

貴方だけに“中出し”解禁します。葵つかさの局部精密レプリカ! “アリス極上名器シリーズ001”

2015年12月28日
アリス極上名器シリーズ001 葵つかさの局部精密レプリカ 最終連続絶頂アクメ



単体女優モノを得意とするAVレーベル・アリスJAPANと「名器の品格・証明シリーズ」を生んだアダルトグッズメーカーが注目のコラボ! アリス専属のトップ女優“葵つかさ”をモチーフに匠のオナホ技術を集約させ超精巧な局部レプリカオナホールを完成させました。 緻密な無次元加工と2重構造を組み合わせ、お馴染みの品格素材で仕上げた、ハズレなしの性能です。

モチモチ柔軟素材や、クリやビラビラまでが精密に再現された挿入口、ぬめるような光沢が艶めかしい薄紅色の膣内部粘膜など、シリーズを知るユーザーなら思わずニヤリとする要素ばかり。 内部構造には匠の技が光っていて、ヒダとイボが複雑に配置された有機的テクスチャーは相変わらずお見事。 無次元の掻き分ける快感に加え、ストロークするたびにイボ・ヒダがペニスを立体的に擦り上げ、品格系ならではの複合的な快感刺激を生み出します。

ゴリゴリ擦るだけの高刺激モデルとは違い、ハードに感じるほどじゃないのに快感値はやたら高く、低速ストロークでも1往復するたびにゾクゾクするような快感がこみ上げてきます。 まさに本当のセックスをしている感じです!

本作にはオマケとして、彼女(葵つかさ)の愛液ローションと120分の特典DVDも付いてきます。DVDはかなりヌケる内容です。 おまけの充実度も素晴らしいですね!



■ネットリ絡む粘膜素材の質感もパーフェクト。


■愛液ローションと120分の特典DVD。


>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(0)

モザイク無しで桜井あゆちゃんの名器を堪能! “完全名器(#10)”

2015年11月15日
完全名器(#10 桜井あゆ)

シリーズ10作目にして最高傑作!
桜井あゆ本人の膣内を元に設計!最高級の2穴絶頂名器!

モザイクの奥がここにある。
快感超進化。更に人肌に近づいた新調合素材使用!
スパイラル挿入口から内部の二層構造はリアルに近付けた挿入感、膣圧を完全再現!

【挿入口】
本人の膣内直径を元に設計。数々の肉ヒダはまさに本物!

【膣中】
カリをひっかけ離さない桜井あゆ特有の一点集中型の名器!
肉厚の膣内がチ○ポをしっかり締めつけます。

【膣奥】
ザーメンを全て受け止めるリアルな子宮口。
一滴残らず絞り取るエクスタシー状態を完全再現!

【アナル】
アナル未使用の桜井あゆの菊門を本人許可のもと完全再現。
スレンダーボディ特有の窮屈な肉感!
ハリのあるお尻に包まれた第三の性器を独占解禁!

【豪華特典】
・桜井あゆのフェロモン入りローション(100cc)
・ぶっかけポスター(完全防水仕様)

桜井あゆちゃんのAV作品一覧。


■詳細ページへ



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。


完全名器(#01~02)はこちら
完全名器(#03~05)はこちら
完全名器(#06~09)はこちら



 
関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(0)
 | HOME | Next »