ハードな締め付けと極上の粘膜感 ぐちょ濡れ名器モンスターG

2011年10月01日

ぐちょ濡れ名器モンスターG

大ヒットしたオナホール「ぐちょ濡れ名器シリーズ」の第3弾。
前作の奇抜なリバーシブル設計から一転、今回は流行りの2重構造へと変貌を遂げ、卑猥なピンクの膣壁をチラチラと見せつけながら、官能的な世界へとこちらを誘惑してきます。 2重構造のツボはシッカリ心得ている印象で、アウターは弾力が強く硬め。 インナーは対照的に柔らかい素材で、外側の弾力によって生み出された締め付けを感じながら、やさしく包み込まれる感触が味わえそうなつくりです。 リアルなビラビラを掻き分けて挿入すると、すぐさまスパイラル構造がペニスを激しく締め付けてきます。 序盤でさえペニスが押し戻されるほどキツい内部は、高刺激ホール好きには歓迎されるかもしれません。 しかし、スパイラル構造による激しい締め付けばかりに気を取られてしまい、インナーの柔らかい素材感や内壁表面のイボ加工などを感じ取るのは、かなり至難の業。 内部構造の繊細な変化や、インナー素材の柔らかい感触をゆっくり楽しみたい方には、この激しすぎる締め付けがちょっとジャマに感じるかもしれません。 でもこれ…もしアウター素材だけでこのスパイラル構造を作っていたら、とんでもなくハードな刺激になっていたかもしれません。 この柔らかいインナー素材があるおかげで、スパイラル構造のハードな締め付けが、かろうじてソフトにまとまっているように思えました。 ストローク中も螺旋状の内壁が激しくペニスに絡み、ギュウギュウと締め付けてくるため、アッという間にイカされてしまいます。 高刺激ホールマニアにはバッチリ合うオナホールです。

■パッケージとサイズ
本気汁ローションも付属。


■くぱぁっと開くと、薄ピンクの粘膜素材が丸見えに。
入口付近はトルネードしていませんが、締め付けは強烈です。


■開いてみました。
粘膜表面の卑猥すぎるテクスチャーにそそられます。
ゆっくりストロークして味わいましょう。


■断面図
上下に波打ちながら螺旋状につづく魅惑の内部構造で、
奥の狭いポケットが亀頭を刺激します。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。



アダルトグッズブログを探すなら↓
 

関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(0)
 | HOME |