中折れに悩む男性たちに光明!中折れ対策・改善グッズ “賢者の支え”

2017年05月22日
賢者の支え

日本人男性の多くは、40代に差し掛かった頃ぐらいから中折れを経験しはじめ、大なり小なり悩んでいるもの…。 自身のペニスだけでは勝負できなくなった代替えとして、バイブやディルドに手を出す方は少なくありません。 ところが実際にバイブ・ディルドを使ってはみたものの、自分以外のモノにパートナーが悶える姿に嫉妬を覚え、結局使わなくなってしまった。というケースも意外に多く、やはり愛するパートナーは「自分のペニスで感じさせたい」という男性の願望は根強いです。 中折れの原因は加齢やストレス、肉体疲労など様々。 人によってはバイアグラなどの精力剤で劇的に改善するケースもありますが、やっぱり物理的なサポートの方が確実ですし、目に見える安心感があります。 そんな弱り気味の中高年ペニスを、ギプスのように巻き付けて支える新型サポートアイテムが発売されました。

シリコン素材に弾力性のある樹脂製フレームをインサート成型で組み込んだ筒状のサポーター。 片面には伸縮性に優れた幅広の薄膜を備え、これを包帯のようにペニスにぐるぐる巻き付けてから、本体でパチッと被せて固定する仕様で、結構高度な技術でできています。 バリエーションはフレーム構造の違いによる2タイプ。 「しなりの6本骨」は骨組みが斜めに配置され、適度な柔軟性を実現。 「がっしり7本骨」は水平&等間隔に並んだ骨が、根元からカリ下までを力強く支えます。 どちらも使い勝手や装着感にそれほど大きな違いはなく、価格も一緒なのでほとんど好みで選んでOKです。 亀頭が露出しているので感度が鈍らず、ペニスサックと違ってシートの巻き方で締め付け具合を調整できるため、装着時に痛みや違和感が生まれにくいのもセールスポイント。 また、単純にカサ増しを狙ったペニスサックよりも、中折れ対策としてはこちらの方が有効かつ実用的です。


■「しなりの6本骨」、「がっしり7本骨」の2タイプ。


■2種類ともサイズは共通。


■薄膜には伸縮性があり、本体内部のフレームも柔軟性があります。メインのシリコン素材は肌触りも良好。


■装着手順1
まず薄膜シートの端をペニスにあてがい、お好みの締め付け加減でぐるぐると巻き付けます。


■装着手順2
しっかり巻いたところで、本体をクリップのように竿全体に被せて固定します。


■完成です。
中折れのペニスを物理的に支えるだけではなく、太さと骨の段差による刺激アップも同時に叶えてくれます。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
各種グッズ・その他 | Comments(0)

大人気ペニスサックの第3弾!どんな女性でもイキ狂います! “超極厚ギガントサック”

2016年08月05日
超極厚ギガントサック

大ヒットしたペニスサック、「極厚ストロングサック」と「メガサック」の第三弾が遂に登場!
ペニスをカサ増ししたい男性には、これ以上ないほど頼もしい増強グッズです。
本来の使い方とはちょっとズレますが、指2本を通せば、最強クラスの極太指サックになりますし、お手持ちのディルドやバイブに装着すれば、超過激サイズにレベルアップします。 実際、これだけ太く逞しいペニスにガンガン突かれたら、どんな女性でもイキ狂ってしまうでしょう。 過激なプレイがお好みの方は、是非使ってみてください。いろいろな使い方で楽しめますよ。

もっと強烈な「極悪ストロングサック」もコチラにあります。


■サイズ。


■素材感は既存モデルと一緒です。


■玉掛リングによって装着時の安定性がサポートされています。


■シリーズの比較です。
左から「極厚ストロングサック」、「メガサック」、「本作」です。


■もっと強烈な「極悪ストロングサック」もあります。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
責めのアイテム | Comments(1)
 | HOME |