元祖クリトリス吸引系ローターが衝撃の超進化! “Womanizer 2GO”

2017年06月29日
Womanizer(ウーマナイザー)2GO

クリトリス吸引ローターブームの火付け役、「Womanizer(ウーマナイザー)シリーズ」の最新作。
耳式体温計によく似たL字型フォルムの「Womanizer(ウーマナイザー)PRO40」から一転、リップスティックをモチーフにしたエレガントなデザイン系ローターへとシフトし、機能性・実用性の面でも大幅にパワーアップ。 なかでも大きいのが、ウーマナイザー2最大の弱点だった防水性を克服したこと。 カバーを外すと本物の口紅と見間違いそうな、真っ赤な吸入口が現れます。 先端はシリコン素材で柔らかく、2種類のキャップが付け替え可能。 スイッチを入れると、さすが吸引ローターの元祖で、初代の頃から「アクメ到達率100%」を謳っているだけあって、相変わらずパワフルかつ良質な吸引で、静音性もすこぶる優秀。 ノズルの中で空気が脈動。単純に吸い付くだけじゃない、独特の衝撃波を味わえるようになっていました。


■カラバリは「ホワイト」と「ブラック」の2色。
内容物は本体、交換用キャップ、USB充電ケーブル、取扱説明書。


■サイズ


■クリを包んで密着する細口ノズル。吸引レベルは6段階。


■先端のシリコンキャップは簡単に脱着でき素材感も非常にソフト。
乳首やクリトリスなどに触れても優しい感触です。


■2種類のキャップが付属し、右側は内部がえぐれて広めな造型。
デカクリやデカ乳首にも対応できるのがナイス!


■スイッチは底部のワンボタン。
電源操作は長押しで、動作中に短く押せばローテーションで切り替わります。
USB充電式。フル充電までは約2時間、連続可動は約240分です。
充電中は底部LEDが緑に点滅。


■水中に入れて空気の脈動感をチェック。
素晴らしいスプラッシュ性能を見せてくれました。


■防水性能はIPX7準拠。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
ローター・電マ | Comments(0)

ヴァギナにキュッと吸いついて密着させながら振動する吸引型ローター! “プッシーキャット ドリーム”

2017年06月07日
プッシーキャット ドリーム

最近アダルトグッズ業界では「吸引式アイテム」が大盛況。最新トレンドとなっています。 レディースでは、「サティスファイヤ Pro2」、「チュッパ・チップ・ポン」、「プリティラブ バキュームサッキングマッサージャー」などのクリ責めマシンが立てつづけにブレイク! メンズ用では、「Male Masturbation Cup(メイル マスターベーションカップ)」、「GENMU オーラルエアー」がつづき、最近ではピストン式オナホと組み合わせた「アストロピストン」も話題に。 本作はそんな一大ムーブメントの中、投入された「プッシーキャット リアル」につづく、シリーズ最新モデル。 柄の付いたカップをヴァギナにカパッと被せれば、そのまま吸引&振動刺激で気持ちよくなれちゃう、合理的なスティックです。

吸引機構のメリットは2つ。
ひとつはグッズと性器の密着度が増し、よりダイレクトに刺激が伝わるようになること。 もうひとつは吸い付くことでグッズが固定され、ハンズフリーで楽しめるようになること。 吸引機構は快感性能と操作性の両面で有効であり、とくに女性用アイテムにおいては、この利点を活かした「密着させて振動で責める」という仕様のアイテムがジワジワ増えてきています。 そんな吸引+振動モデルの中でも、お手本のように2つを上手く組み合わせているのが本作です。 オーバル形状の大きなカップは万人のヴァギナにフィットし、電動でグングン吸い上げるエアポンプもあくまでソフト。 内部の空気が抜ければシッカリ吸い付きますが、痛みはなく、楽しめるレベルです。

そうした密着状態からひとたびバイブをONにすれば、今度はクリが震えて強烈な快感が下半身を支配。 クリ派女性なら瞬く間にイッてしまうであろう十分な快感性能を発揮します。 前後左右に動かせる首振りヘッドや、瞬時に圧力を逃がせるエアリリースボタンの使い勝手もよく、総合的によくできています。


■サイズ


■ヴァギナカップは楕円形で、上部にはクリに密着する突起も装備。良好なフィット感です。


■カップ部分は左右に回転でき前後にも傾けられます。
可動域も必要十分で、首振り機構としては優秀。


■柔らかなシリコン素材はヴァギナに当てても心地よく、ギュッと押しつければ簡単に内部の空気が抜けるのも◎。


■密着させることで効率的に作用する吸引&ローター振動。


■カップ内の空気を抜いてシッカリ密着させれば、この通り本体を吊せるくらい貼り付きます。痛みはまったくありません。


■振動7パターン×吸引3パターンの多彩な組み合わせ動作が可能。
強すぎるときはエアリリースで一発解除もOK。


■電源は単四電池×2本(付属)



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
ローター・電マ | Comments(0)

吸引して敏感になったアソコをローター攻撃!ダブルで責めれるヴァギナカップ! “プッシーキャット リアル”

2017年03月03日
プッシーキャット リアル

女性の大事な所をすべて覆って吸い上げながら、舌型ローターでブルブル震わせる…。 聞いただけで下半身が疼いてくるようなアイテムが発売! 吸引ポンプとローターが一体になったアイテムは、「電動ヴァギナバキューマー」や「ペニスバキューマー」など過去にもいくつかありました。

ヴァギナカップは柔らかく、肌にやさしいシリコン素材。内側には極小のヒゲが並び、中央には舌型突起が鎮座します。 カップ接地面はボディラインに合わせたカーブ設計。 標準体型の方なら隙間なくフィットしてくれます。 スレンダー体型の方やアソコの毛量が多い方などは、ローションをたっぷり使って押しつけるようにすると、しっかりと吸いついてくれます。

吸引プレイはアソコを吸い上げることで血流を集中させ、感度アップや膨張させた部位の卑猥なビジュアルを楽しむのが目的。 どちらかといえばマニアックなプレイに属するものの、意外と愛好者は多く、「DXプレッシャーゲージポンプ」や「ヴァジャイナポンプキット」などは、今も昔も相変わらず根強い人気。

手動のわりに吸引性能は抜群!ヴァギナにガッチリと吸い付いたままカップ全体がブルブル震え、吸引と振動のW刺激で攻撃してくれます。


■パッケージ


■サイズ


■カップサイズには余裕があるので大抵のヴァギナを覆えます。


■ローターONで舌先がビリビリ震えて、同時にボディ全体にも振動が伝わります。密着させると気持ちいい!


■ボディは柔軟なシリコン素材。
内側にはヒゲ状の突起も並びます。


■操作系はローターの電源スイッチと、一般的なハンドポンプの握り部分のみ。
エアリリース機能もあって安心。電源は単三電池×1本(付属)


■シュコシュコ握ってギュッと吸い付かせ、充血によって敏感になったヴァギナに振動アタック!超快感です!



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
ローター・電マ | Comments(0)

クリトリスにキュッと吸い付きながら振動も!新しい快感のカタチ吸引型ローター! “オルガポッド”

2016年06月17日
オルガポッド

ウーマナイザー」、「ウーマナイザー2」を元祖とする吸引機構は、今や“第3のローター”としてますます脚光を浴び、国内外から類似モデルがぞくぞくと発売。 高級機であるオリジナルに対抗した、廉価版の国産マシン「ウーマンラブ」も好調な売れ行きを見せる中、今回発売されたのは、それよりもさらに安価な吸引&振動式ローターです。

丸っこいボディはコントローラー別体のセパレート型。
コントローラー側は無段階調整できるダイヤルスイッチひとつで、これによって可変するのは振動パワーのみ。吸引力は一定です。 吸引口はソフト素材に覆われ、敏感な粘膜にもやさしいタッチ。 ノズルが小型ですが、キュウキュウ吸われつづける違和感はなし。 吸引と同時に6Vパワーのバイブレーションも発生します。

吸引ローターとしての実用性はクリアしていますが、やはり本家と比べると、いろいろ物足りなさも感じます。 でもそれも10倍以上の価格差があるんですから当たり前の話。 こちらは防水仕様ではないので、気になる方は、濡れても安心な高級モデルを選びましょう。


■カラバリは「ピンク」「ブルー」「ブラック」の3色展開。


■サイズ
コントローラー別体のセパレート型。
伸縮するリールコードが使いやすくてナイス。


■一定の吸引力で吸い付きながらボディ全体が振動します。


■敏感ポイントに触れても痛くないソフトキャップ仕様。
吸引穴が小さいわりに、パワフルに吸い付くのがスゴイ。


■指にシッカリ吸い付いたまま宙に浮かびます。


■電源ONと同時に吸引・振動もスタート。
ダイヤルで調整できるのは振動パワーのみ。ポンプの吸引力は一定です。


■使用イメージ。
剥き出しのクリトリスに吸引口を被せてチュウチュウしましょう。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
ローター・電マ | Comments(0)
 | HOME | Next »