病院でも使われる精製度の高さが売り!アナル専用ローション “ワセリンHGチューブ”

2016年01月05日
ワセリンHGチューブ

今や「重曹」や「クエン酸」などと並んで、日常生活でいろいろな用途に使えると話題のワセリン。 原油を高純度に精製した“化粧用油”であり、おもに皮膚を保護する保湿剤として利用されています。 ワセリンはほぼ油ですから、化粧水や美容液と違って肌内部には浸透せず、バリアのように肌表面に膜を張ってホコリや化学物質などの外部刺激から肌を守ります。 同時にお肌の水分を閉じ込めることで、その人本来が持つ自然治癒力をサポート。 湿式スキンケアの必需品として、病院や各種医療機関でも処方される、とても安全性の高いアイテム。

本作はワセリンの中でも極めて精製度の高い“白色ワセリン”
不純物が少なく、赤ちゃんにも使えるほど肌にやさしいため、敏感肌の方はもちろん、目元や唇などの粘膜にも安心して利用できます。 ローション代わりの潤滑剤として、肛門やグッズ表面に塗るのが、アダルトでのおもな使い方。

液体状のローションと違い固形で塗りやすいうえ、ほとんど揮発しないので乾きにくく、薄く伸ばせば少しの使用量でも十分まかなえます。 もちろん、ローションのようなヌルヌルの潤滑力こそありませんが、肌に浸透せず、粘膜を傷つけることもなく、いつまでも表面を油膜で覆ってくれる特性は、アナルグッズによる拡張プレイにもってこい。


■必要な分だけ指に出しましょう。


■ベトベトで少し落としにくいですが、それだけに長時間留まり、いつまでも潤滑力をキープ。
アナル拡張に最適です。


■ワセリンを下地にしてポリアク系ローションを塗ると、低刺激と潤滑力が両立。
激しくプレイしたいときにオススメ!



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
アナル | Comments(0)
 | HOME |