エッチなギャルの極上すぎる名器、肉壁を完全再現! “名器の再現! まるごとAIKA”

2017年04月21日
名器の再現! まるごとAIKA

無次元加工という独自の内部構造を確立し、オナホ業界にレボリューションを起こした 「名器の品格・上付き」。 今や「品格・証明シリーズ」は10作目を更新。 それ以外にも「発情美人 若妻の肉襞 森ななこ」や「葵つかさの局部精密レプリカ」など、最近では正規シリーズとは異なる派生モデルも数多くリリースされています。 そんな中、正規シリーズ第4弾にあたる「淫熟名器物語」のモデルだった大塚咲が、AV女優引退後にカメラマンとしてカムバック。 ギャル系女優一番人気のAIKAとコラボし、これまた最高にセクシーなオナホを完成させました。

600g級の肉厚ボディは2重構造。インナーがプリッとした弾力のある硬さで、アウターはモチッと心地よく肌に吸い付くような感触です。 いわゆる“品格系素材”といわれる素晴らしいバランスながら、既存モデルと違って油っぽさも抑えられており、非常に上質な印象を受けました。 内部はストレート穴の上下に派手な隆起が連続している感じ。卑猥すぎる挿入口やパッケージに並ぶ複雑かつ有機的なギミックは、見ているだけでも十分な興奮を誘います。

実際に挿入すると、上下の起伏などを捉えつつも、柔らかな素材を掻き分けるようにしてスムーズに奥まで到達。 「締め付け」と呼べるほどのキツさはありませんが、たっぷり肉厚なボディのおかげで、包み込まれるような心地よい圧迫感を楽しめます。 各所に施された吸盤状の突起やカサ高のヒダ加工は、小粒ながらもコリコリとした弾力があり、どれもこれも存在感抜群! とくに最奥の極狭な子宮口は、ぷちゅん!とした侵入感も得られてかなり刺激的です。 複数のイボやヒダがペニスをプリンと弾き、ゾゾッと撫で上げ、さらにはときどき細かい粒々も敏感ポイントを責めてきて、快感バリエーションはとても多彩。 高刺激というほど過激でもありませんが射精力は十分高く、質のいい刺激が安定して楽しめる、ハイスタンダードな性能です。


■愛液ローションも付属します。


■たっぷり肉厚で挿入時の圧迫感は十分。


■非貫通式で挿入口のディテールはかなり卑猥。
モッチリ柔軟に伸縮しますが、適度なハリもあってバランスは絶妙。


■ピンクの内壁がイヤらしい。
ヒダや吸盤突起など、ギミックも複雑です。


■上下から隆起するヒダが掻き分け感を生み出します。
最奥の狭い子宮口に突入する感覚もグッド!超気持ちいいです。


■彼女のAVを見ながら使うとリアル度120%!
中出し作品を見て、最後は一緒に中出ししましょう!
彼女の作品一覧はこちらから



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(0)

これはヤバい!至福の名器!

2017年03月30日
至福の名器

あの「名器の品格」から10年を経て、 匠の技が光る新たな名器が誕生!

片手持ち、逆持ち、固定置き、騎乗...オールプレイスタイルに対応! 1kg&ピラミッド形状ならではのプレイ幅。 どっしりとした重さで、仰向け時にはまるで騎乗位をされているかのよう。 ワシ掴みにしてバックからの腰フリプレイも可能!

奈良時代より性具に造型の深い日本。 それから1000年の時を経て培われた先人たちの知識と、この道30年以上の熟練原型師の技術が融合した至高の逸品。




>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(0)

普遍的なパーフェクトボディ!ラブボディファン待望の8代目! “ラブボディCoco”

2017年03月22日
ラブボディCoco

初代である「ラブボディKumi」の誕生が2005年。 立体ボディの先駆者として、ラブドール業界に革命を起こした透明ビニールの女の子は、その後、いくつものメーカーが類似品・競合品をリリースするものの、どれも未だにラブボディ越えを果たせていません。 むしろ、後発モデルと比較するたびに、ラブボディの絶対的な造型美が再確認され、その完成度とこだわりに何度も驚嘆しました。

空気を入れて膨らますと、全長約140cmのスケルトンボディがムクムクと立体化します。メリハリの利いたグラマーボディです。 とくに本作はバックスタイルがメインとなるため、背中から腰、お尻にかけてのカーブラインは絶妙! 改めて「よくできてるなぁ」と感心させられます。

バックスタイルは四つん這いだった「ラブボディRen」以来となり、シリーズの中ではけっこう新鮮。 手首より先がなかったRenと比べると、シッカリつくりこんだ手指があるのもナイスです。 立ちバックはもちろん、そのまま流れるように後背位や座位への移行もでき、そのタイミングやテンポも自由自在。 すでに10年以上も愛されているシリーズだけに、 おっぱいやウィッグ、衣装などのカスタムパーツは豊富ですし、ファンの間では綿入れ・骨入れなどの手法も確立・共有されています。




~ラブボディシリーズガイドはこちら~



■サイズ
キュッとお尻が突き出ていて、バックから挿入しやすく、突き上げるのも簡単。
 

■ホール装着口はかなり大きめに作られていますので、様々なホールを装着可能です。


■ホール装着イメージ
写真で装着しているのは「ラブボディAki専用ホール<ヴェルサス>」です。


■スクール水着を着せてみました。
立ち姿勢なので着替えもさせやすいです。


■使用イメージ
基本的にはバックスタイルが安定しますが、正面からでも十分プレイできます。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(0)

ヒダヒダが無数に続く超名器の膣! “名器の証明006”

2017年03月02日
名器の証明006 顔如憶(イェン・ジュ・イ)

中国の“張篠雨”氏とタッグを組んだ 前作005に続きシリーズ6作目となった本作は、台湾で話題のお騒がせカリスマ・ストリートエンジェル“顔如憶(イェン・ジュ・イ)”氏の協力の元に完成しました。 動画投稿サイトやネットニュースを騒がした彼女が、今度はホール業界を賑わしてくれそうです。 前作同様に粘膜を再現した二重成形の内部は複雑さを増し、表現豊かな刺激を生みだしている。 シリーズ定番のGスポット突起はもちろんだが、膣壁を覆い尽くすヒダとイボは圧巻である。 特に断面図を見ると脈打つ鼓動さえ聞こえそうな複雑な内部構造だ。 内部構造、品格素材、粘膜素材が快感のシナジー効果を生みだし、名器シリーズを新たなステージへ進ませた。 進化を続ける名器シリーズです。これからも楽しみです。


 ↓ の画像をクリックで使用動画もご覧頂けます。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



こちらも一緒に売れています。

オナホールを簡単に人肌に温められる人気商品



 
関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(0)
 | HOME | Next »