魅惑のミミズ千匹膣内! “A10サイクロンSA専用ホール メデューサ”

2015年05月25日
A10サイクロンSA専用ホール メデューサ

日本が発明した世界初の性家電「A10サイクロンSA」の快感性能に直結する、最重要パーツです。 これまで横回転式の電動オナホールでは、モーター性能の関係から肉厚なオナホを搭載できず、ほとんどのモデルが薄くて軽いカップ型しか装着できませんでした。 この専用ホールは「A10サイクロンSA」の高性能モーターのおかげで、ハンディオナホール並みの肉厚で締め付け感のあるボリュームを実現。 ピュアグレードの国産素材を使い、素材感と安全性についても絶対の自信を誇っています。

このサイズの樹脂素材を電動で高速回転させるアイテムは過去にも例がなく、開発担当によると“ゼロからの研究”が必要だったため、かなり時間が掛かったとのこと。 慣性の付き方や素材硬度、モーター負荷などといったマシンとの相性はもちろん、ペニスの数だけある快感刺激の受け方に至っても、大規模なモニタリングをくり返し、ベストな黄金比を探り出しています。

内部構造は15タイプ以上あった候補から絞り込み、さまざまな快感バリエーションを追求。 その中でももっともスタンダードな特性で、万人にマッチするタイプを、「マスター」として設定しています。 また、独特の形状であるオナホ本体を、崩れることなくスマートに保管できるよう、専用のブリスターケースも設計。 扱いやすく、耐久面でも安心できるのはハイグレード仕様ならではの強みでしょう。

本作「メデューサ」は、R-1シリーズの「A10サイクロン」で一番人気だったモデルをベースにした触手タイプ。 うねうねの長いイボが内部をビッシリと覆い尽くし、回転とともに不規則な動作で絡みつきます。 ほかの専用ホールと比べて内径を広めに設計しているため、通常状態のペニスでも挿入でき、そのまま刺激を与えることが可能。 ペニスサイズによる快感差が少ないため、安定感に優れているのも魅力です。


■サイズ


■激しい回転にも耐える硬度と、ムッチリとペニスを包み込む人肌感のバランスがお見事。
国産の良質素材です。
まさに“ミミズ千匹”と呼ぶにふさわしい触手タイプ。
独特の感触は「A10サイクロン」からのファンも多いです。


■装着は簡単。
本体のインナーケースに6つのピンを通して固定し本体に差し込むだけ。
この手軽さも素晴らしいですね。


■前作の「A10サイクロン」に比べ、竿の根元まで飲み込める挿入長が自慢。
肉厚な締まり具合もタマリマセン…。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(0)
 | HOME |