グリップ付きで責めでもオナニーでも使い勝手抜群のディルド3種 “チン豪 無双流グリップタイプ”

2015年12月07日
チン豪 無双流グリップタイプ

皆さんは普段からディルドを使っていて「なんでこんなにピストンしづらいんだろう?」と思ったことありませんか?

とくにリアル造型のディルドは、吸盤のある・なしに関わらず持ちにくく、手で動かすときには、多くの人がキャン玉部分や吸盤を持ってズコズコと前後に操作していました。 ディルドがもともと“ペニスを再現する”という造型重視の目的から生まれているからで、バイブやローターなど初めから手で持って使うことを前提としたアイテムとは源流が違うためです。 そんな人間工学的な要素とはかけ離れていたディルドの根本的な問題点に着目したグリップ式ディルドが本作。

グリップ式はこれまでにも振動機能付きの「武勇伝」や「ザ・マンハンドラー」などがありましたが、リアル造型タイプは初めてかもしれません。 素材感は、亀頭がプニッと柔らかく、反対に竿部は適度なハリがあります。 これなら挿入時に怖さを感じにくいため、ビギナー女性でも安心して使えるでしょう。 素材臭も消しゴム程度でほとんど気にならないので、ディルドとしての実用性は十分合格圏内。

責めプレイでもオナニーでも、ピストンのしやすさは特筆モノ! 吸盤付きディルドと使い分けるのが正解でしょう。 3種ありますので、ご自身のディルド経験値を考慮して、最適サイズをチョイスしてください。

■小次郎
日本人の平均サイズよりも少し短め&太め。アナルにもマッチしそうですね。


■牛若丸
標準的でリアリティのあるサイズ感。反り具合もちょうどよいと好評価。


■十兵衛
奥を突かれたい長尺好きなご婦人にピッタリ。太さが控えめなのも美点です。


■微妙に異なる亀頭部のディテール。
ピンクは塗装ではなく、素材に着色しているため、色落ちの心配はなさそうです。


■柔らかな亀頭部とハリのある竿部の2層構造。
柄にはシボ加工があり、ローション使用中でも滑りにくい親切設計です。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
ディルド・レズビアン | Comments(0)
 | HOME |