いつでもどこでもクリトリス吸引♪ “サティスファイヤ Pro Traveler”

2018年05月25日
サティスファイヤ Pro Traveler

いわずと知れた、大人気のクリトリス吸引マシン「サティスファイヤシリーズ」の最新作。
今度はどこでも気軽に持ち運べるポケットサイズでの登場です。

クリ吸引マシンの2大ブランドといえば、「Womanizer」と「Satisfyer」。 さらに2巨頭の足元では、「チュッパ・チップ・ポン」をはじめ、格安モデルをつぎつぎと生み出すメーカーが台頭。 そんな中、数あるクリ吸引マシンの中でも屈指のコストパフォーマンスを誇るSatisfyer(サティスファイヤ)が繰り出した本作は、オシャレかつスマートに収納できる“シリーズ最小モデル”。 もともと「サティスファイヤシリーズ」は女性の食いつきがよく、“クリ吸引”という未知の刺激に対する好奇心をそそられるアイテムでしたが、ついにそれがモバイル化してくれたわけです。

これなら普段からポケットに忍ばせておいて、水商売のおねーちゃんなどにお披露目すれば、かなり盛り上がりそうです。 また、女性がセルフで楽しむにも、このフォルム&サイズは大歓迎のはず。収納状態なら化粧ポーチに入れておいても違和感ありませんし、いつでもどこでもクリ吸引オナニーができるとあれば、外出先で突然ムラムラしちゃっても安心wUSB充電なのも二重丸です。


■ケースの固定はマグネット式のオシャレな作り。
さすが女性人気の高いブランドです。


■とてもコンパクトなサイズ。
肌に触れる白い部分は高級シリコン。


■吸引レベルは11段階。
吸って吐いてをくり返す脈動による振動も健在です。
小さいのにパワフルです。


■操作もこれ以上ないほどシンプル。
慣れればノールックでも扱えますし、作動中はLEDが点灯するのも親切。


■クリを剥いてノズルを密着させ、内部で空気の脈動による刺激を味わいましょう。 防水仕様なのでお風呂でも使えます。水中だとまた感触が変わります。 水しぶきで脈動パワーをチェック。最大レベルだとかなり派手にスプラッシュし、その威力の高さが実感できますね。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。



 
関連記事
ローター・電マ | Comments(0)

Gスポットを刺激しながらクリトリス舐めのダブル刺激! “クンニリラックス”

2018年05月11日
クンニラックス

Gスポを圧迫する「キャスパー キューティ」のようなヘッドに、「スクイール2」にも似た回転舌を組み合わせた、最新作アイテムが登場! 大型ヘッドを挿入することで本体が固定され、舌型の回転羽根がクリに密着。 ハンズフリー状態でリラックスしたまま、永遠のリップサービスを受けられる…という素晴らしいグッズ。

ハンズフリーで遊べるということは、一般的なバイブやローターを使ったオナニーとは違い、利用シーンがベッドに限定されません。 ソファやクッションなどにもたれながら、好きな男性とのエロシチュを妄想してジックリ耽るのもいいですし、テレビやスマホを見ながらの“ながらオナニー”だってOK。 それこそ電池がつづく限り、ずーっと貴女をやさしく慰めてくれますから、まったり&ロングオナニー派の女性には、相性ピッタリだと思います。

付属する舌型アタッチメントは2種類。 どちらも「U.F.O. SA」の回転パーツと同じ素材っぽく、リアルな舌の感触を再現した、ソフトでやさしい肌触りがポイントです。 マグネットで簡単に脱着できるうえ、本体・舌パーツともに丸洗いできる利便性も素晴らしいです。 「4枚ショート舌」は高速でペチペチと連続的に舐めてきますが、「2枚ロング舌」は長いぶんストローク間隔もゆっくり。 どちらも摩擦系の秀逸な刺激特性に仕上がっていて、このあたりはR-1シリーズの「U.F.O.」時代から、ジックリ舐めるような回転機構を得意としてきた、実績が光っているように感じました。

一方、本作の大型ヘッドをひと度飲み込めば、膣内にも激しい振動刺激を加えられます。 Gスポ圧迫で、ナカとソトのW刺激が最高に気持ちよく、MAX時の攻撃力は相当高め。 振動強度・回転速度が7段階もあって刺激レベルが調整しやすいうえ、舌型アタッチメントでもアレンジが可能です。 まったり~高刺激まで自在に選べる快感レンジの広さによって、ビギナーはもちろん、ベテラン女性でも十分オルガズムに到達できる作りになっています。



■サイズ
太めのヘッドによって挿入後は抜けにくく、回転機構がクリ付近に密着する仕組みです。


■ネック部分は手で簡単に曲げられます。
表皮は高品質なシリコンで肌触りがよく、素材感に不満はありません。


■舌パーツの回転は、正・逆・交互の回転方向が選べ、スピードも7段階あるので、幅広い刺激が楽しめます。


■舌パーツの当たる強さによっても快感値は大きく変化します。
お好みの加減を調整できれば、あとは手放しでOK。


■丸洗いできるのでいつでも清潔に扱えます。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。




 
関連記事
バイブ | Comments(0)

すって、ふるえる、吸引ローター

2018年04月03日
すぅ

チュッパ・チップ・ポン」や「サティスファイヤ2」などの売れ筋モデルが安定しつつも、今や選択肢が増えすぎて、自分に合うモノを見つけるのが大変になってきたクリトリス吸引マシン。 本作は「Lip Love」や「クリチュチュ」に近い、ギュンギュン吸いつづけるタイプのクリ吸引機です。

吸引力を適度に制御しているおかげで痛みがなく、そのフィーリングは比較的ソフティ。 とくにスタートから3番目くらいまでの弱レベル域では、一定のリズムでやさしくチュウチュウしてくれるため、「サティスファイヤシリーズ」などの脈動系と比べても、甲乙つけがたいほど心地よい、万人向けの特性に仕上がっています。 吸引口となるシリコンキャップは、クリ用と乳首用の2種類が付属し、部位によって付け替えて楽しめます。 ボディも含めて表面の素材感は良好。滑らかでやさしいタッチは、乳首やクリにも負荷を掛けません。 さらに吸引機構とは別にバイブレーション機能も搭載。 ピンポイントを確実に震わせてくれるため快感値が高く、振動パターンも7種類から自由に選べるのが魅力です。 こうした特性から、本作はクリ吸引マシンというよりも、アソコに吸い付いてくるローターという感じ。 弱レベルなら初心者でも安心して楽しめ、吸引パワーを上げれば上級者も十分満足できるため、幅広いユーザー層にマッチします。

■サイズ


■左が乳首用、右がクリ用のキャップ。


■連続的に吸引しながらヘッド全体が心地よく振動します。
弱レベルならまったりした刺激が楽しめるのも魅力。


■強モードにすると自重でも落ちないほどシッカリ吸い付きます。
このパワーでのクリトリス吸引はかなり高刺激。


■吸引、振動とも7パターンのローテーション式。どちらかだけの使用も可能です。


■USB充電式。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。




 
関連記事
ローター・電マ | Comments(0)

お風呂でも楽しめる新次元のクリちゅぱクリ責めマシン! “サティスファイヤ Pro2”

2018年03月21日
サティスファイヤ Pro2

「ウーマナイザー」の登場以降、その絶大なクリ刺激性能に魅せられたアダルトグッズメーカー各社は競い合うようにして類似品をリリース。 なかでも国産モデルの「ウーマンラブ」は、オリジナルの性能をそれほど落とすことなく低価格化に成功。 初代のウーマナイザーはすでに販売終了し、現在は「Womanizer2(ウーマナイザー2)」に移行しています。

「クリトリスを吸う」という基本機能は従来品と変わらないものの、本作にはウーマナイザーを大きく超える2つの進化ポイントが実装されています。 そのひとつはメンテナンス性に貢献する、待望の完全防水機能。 流水どころか水中でのプレイを推奨するほど高い防水性を誇っていて、使用後の丸洗いはもちろん、お風呂での使用もOK!

もうひとつは「吸引」からさらに進化した、未体験のクリ刺激機構。 クリトリスに吸い付くと同時に衝撃波のような振動を与えることで、これまでにない快感刺激を生み出しています。 先端ノズルの中で空気の振動をピンポイントに伝える仕組みで、この特殊な機構が水中だとさらに激しい脈動を生み出します。 日本人女性の大多数がクリ派といわれているなか、そのクリ責めを極めた本作は、現時点で最強です。


■サイズ。
グラマラスなカーブを描いたL字ボディ。
美容器具のようなカモフラ系デザインですのでバレません。


■身体に触れるのは、先端のキャップ部がメイン。
吸引口も大きめで、クリ責めには十分です。


■キャップは柔らかく、シルキータッチのシリコン素材。
簡単に脱着でき、キャップだけを洗うことも可能。


■振動レベルは11段階。
電源ON時はボタン長押し、作動中はいつでもOFFにできます。


■充電アダプタはマグネット接続。
防水性能の優れたマシンには高確率で採用されている安心&安定の仕様です。


■振動レベルを上げた状態で水に入れると、衝撃波で激しくスプラッシュします。


■クリトリスを包むようにキャップを被せ、内部に空気の振動を伝えます。
激しい脈動の衝撃波にクリ派女性は悶絶必至。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。




 
関連記事
ローター・電マ | Comments(0)
 | HOME | Next »