前立腺の快感に目覚めた男たちイチオシのアイテム! “Spotty RC(スポッティRC)”

2017年01月22日
Spotty RC(スポッティRC)

前立腺の快感に目覚めた男たちの圧倒的な支持を受け、今もロングセラーをつづけている高級アナルバイブ「NEXUS REVOシリーズ」。 本作は後発商品だけあってNEXUSを上手くブラッシュアップしている印象があり細部に至るまでなかなかよくできています。 機能的にはリモコン式の「STEALTH(ステルス)」と同等ながら、ベーシックな「NEXUS REVO2(レボ2)」とほぼ同額に抑えられているため、コスパ面でも有利。 1割弱安いうえ、こちらは生活防水仕様なのも大きなアドバンテージといえますね。

前立腺用のアナルバイブとして両者をガチに比べてみても、それほど目立った性能差はなく、どちらがいいかはほとんど好みの問題。 気になるヘッドスイングのトルクにしても、NEXUSと並ぶほどのパワフルさを備えていたのには感心しました。 本作ならではの魅力として注目したいのが、ボディにポッカリ空いた輪っか。 このリングに指を引っ掛けたりロープや棒を通したりできるため、操作性だけではなくプレイの幅もグーンと広がっています。 その他、会陰部だけではなく、シャフトも振動する点や、動作バリエーションの豊富さなど「NEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)」 と比べても優位なポイントが多いです。


■内容物は本体、リモコン、USB充電ケーブル、取説。


■本体はハイグレードなシリコンで覆われています。リモコンの有効範囲は約5m。
根元のリングがプレイの幅を広げます。


■ムチッとした弾力感のあるヘッド部分。
これによって程よい圧力で前立腺を刺激でき最高の快感を生み出します。


■シャフトと会陰部が震えるWローター仕様。振動パターンは5種類。


■ヘッドスイングの動作は3パターン。
REVOシリーズ最大の魅力であるトルクフルなヘッド回転に匹敵するパワーを確保しています。素晴らしい!


■本体、リモコンどちらも操作は簡単。
スイングと振動を別々に制御できるのが便利です。


■フル充電まで約2.5時間、連続可動は約60~180分のUSB充電式。リモコンはCR2032型ボタン電池×1個(付属)


■REVOより優れているのが水深1mの耐水仕様の防水性能。お風呂場でも安心!



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
アナル | Comments(0)

激しいグラインド&ピストンを味わえる驚愕セックスマシーン! “ローテティング G&Pスポットマシン”

2017年01月21日
ローテティング G&Pスポットマシン

Gスポ責めに特化した電動グラインドクッション。
ピストン式の大型モデルは、「ストンピングラブボール」の独壇場で大人気です。 しかし、真っ直ぐ上下にピストンするだけの「ストンピングラブボール」に対し、本作はGスポットを掻き出すような動きをするため、両者は一見似ているようですが、じつはかなり違う特性といえます。 使用スタイルも本作は鞍のようなクッションに座って、下から突き上げてくるディルドを受け止めるシートタイプ。 さらに付属するローターをセットすれば、クリへの振動刺激も同時に味わえるため、プレイ感覚的には「ラブパートナー ピストンチェア」に近いかもしれません。

クリトリスは男性でいえばペニスに相当する部位で、外部に突き出た陰核の奥にはさらに複雑で繊細な神経回路へと繋がっています。 Gスポットとクリの同時刺激は、こうしたカラダの奥で眠っている快感神経を呼び覚ます可能性があり、だからこそ多くの2股バイブがそうであるように、一度ハマれば未体験の極上快感が味わえます。 快感性能では「ストンピングラブボール」を凌ぐレベルです。 これだけハイレベルな快感性能を備えながらも、機械的に危なっかしい要素がないのも素晴らしいところ。 モーターは十分すぎるトルクを備えつつも動作に荒々しさがなく、駆動音も控えめ。

付属する専用ディルドは2種類のサイズがあり、どちらも素材はソフトなシリコン製。 脱着も簡単でメンテしやすく、サイズや造型に関しても変に尖ったところがない、万人向けの仕様。 また、このタイプは駆動部からローションが浸入しやすく、よく故障やトラブルの原因となるのですが、本作はボディ全体が合皮カバーで覆われ、ローションや愛液が内部に侵入しにくい設計。 普通に使うぶんには簡単に壊れそうもなく、耐久性にも期待できそうで完璧。 大型のGスポ特化バイブとして、世界でも類を見ないほど完成度の高い商品です。


■内容物一式


■ちょっと高めの枕サイズ。
レザー調で手触りがよく、汚れに強いのもポイント。


■本体のほぼ中央に可動部があります。
それほど重くないのでラブホなどに持ち込むのも簡単です。


■付属する2種のディルドとスティックローター。
どれも標準的なサイズなので初心者でも安心♪


■ディルドはオールシリコン製。
柔軟でやさしい感触が心地よく、激しく動いても粘膜への負荷は控えめ。


■ローターの電源は単四電池×2本。
底部スイッチを回せば無段階にパワー調整もでき使いやすいです。


■本体の操作は中央パネルのダイヤルで行います。無段階に調整できます。


■スティックローターは前方のベルトで固定。
振動が物足りなく感じたら、電マなどに変えちゃいましょう。


■ディルドの装着は白い軸部分に差し込むだけ。
シッカリと固定され、ズレることもないのがお見事。


■前後にグラインドしながらピストンする独特の機構。
Gスポットや前立腺をグイグイ擦ってくれます。


■女性が跨がるとこんな感じ。
騎乗位メインですが、体位を変えてもちゃんと動きますし、クッション性も良好。


■ローターでクリトリスに振動を与えながらGスポを掻き出すようにグイグイ圧迫&摩擦。
このW攻撃はかなりの快感です。


■底部チャックを開けると合皮カバーがめくれます。
内部のウレタンを露出させれば、座面の高さ調整が可能です。
快感ポイントに当たるよう、適宜工夫しましょう。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
バイブ | Comments(0)

ライトな感じで男女どちらも楽しめるお手軽乳首責めローター! “チックチックビー”

2017年01月16日
チックチックビー

男女どちらでも楽しめるお手軽な乳首責めアイテム。
上部に開いた切れ目に乳首を挟んで装着し、伝わってくるローター振動を楽しむという、シンプルな機構が特長。

■サイズ
カラバリは「ピンク」と「ブラック」の2色。
この価格でローター2個セットというのはお買い得です。


■シリコンカバーは柔らかく、ちょっと引っ張るだけで簡単に脱着可能。
ローター単体としても使えるのも便利です。


■バイブレーションのON/OFFは底部スイッチで。


■装着イメージ。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
ローター・電マ | Comments(0)

おすすめ!アダルトVRのエントリー用にピッタリ! “OL VR(オーエル・ブイアール)”

2017年01月14日
OL VR(オーエル・ブイアール)


HMD(ヘッドマウントディスプレイ)は現在、比較的リーズナブルでお手軽に楽しめる“スマホ装填タイプ”が主流。 本作は、安価ながらも過不足のない機能性が魅力のミドルクラスHMD。 特長は左右から伸びたヘッドホン。これにより音声が漏れにくく、同時に外部からの雑音も防げるため、より深くVR映像に没入可能。 映像世界に没入しやすい設計こそ、まさにアダルト向けであり、レンズ性能から装着感を含めて、すべて高次元でバランスが取れている、超ハイパフォーマンスなHMDです。 HMDの性能を左右する最重要パーツは、スマホ画面を3D映像に変換するレンズ。このレンズが広角で大きめなうえ、フレームの端まできちんと綺麗に見えるよう、特殊な加工が施してあります。 普段はメガネの人が裸眼で装着しても焦点が合わせやすく、前後のピント調整をはじめ、左右の目幅もダイヤルひとつで自在に調整可能。 軽量ボディだから長時間装着でも負荷が少なく、クッション付きの中央ベルトで荷重が分散されるため、着け心地も快適。 Bluetooth接続できる「Pico1S」と比べると、操作性の面でちょっと見劣りしますが、使用中に電話が掛かってきてもそのまま着信できる通話ボタンと、音量調整ボタンを備えているため、それほど不便さも感じません。 レンズ性能やヘッドホンを含め、とにかくアダルトVRと親和性の高い、低価格のおすすめHMDです。


■標準的なサイズ


■イヤホンジャックはフロントパネル内に収納可能。


■スマホの装填はフロントパネルをパカッと開けて細い台座に設置するだけ。


■VR映像視聴中でもボタンひとつで着信・通話が可能。音量調整も自在。


■装着イメージ。
中央ベルトのクッションがホールド性を発揮し、長時間でも快適な着け心地です。



>> 商品詳細説明(画像・動画)・クチコミ情報

>> ご購入はこちらでできます。


※ 携帯(フィーチャーフォン)の方はこちらから。



 
関連記事
オナホール・ダッチ・ドール | Comments(0)
 | HOME | Next »